読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Taker's インフラ関連技術調査ログ

インフラ関連についての調査メモです。

Editing Swagger UIを使ったAPI仕様書の閲覧

はじめに swagger.jsonまたはswagger.yamlによって書かれた ドキュメントをHTMLで参照するには Swagger UI を使用する Swagger UI Serverの準備 ダウンロード 任意のディレクトリに移動し、swagger-ui.gitをチェックアウトする git clone https://github.com…

Docker systemコマンドとclean-up系コマンド

Docker 1.13でCLIが改善されたとの記事があったのでお試し。 https://www.infoq.com/jp/news/2017/02/docker-1.13 docker system - Docker Docker System docker system df Dockerのディスク利用状況がわかる。便利。 $ docker system df TYPE TOTAL ACTIVE …

DockerにMongoDBのデータをリストアする

課題 既存のMongoDBのデータがあり、そのダンプをDocker化するにあたって初期データとしてリストアしたい。 条件 Docker Composeは繰り返し利用するので初期データの投入に関わる処理は記述したくない あとからdocker-compose.ymlを書き直ししたくない ロー…

EchoサーバーをDocker化する

目的 Echoが起動するDockerイメージを作りたい 下調べ golangにはDockerのOfficialイメージがあるのでそれを使う https://hub.docker.com/_/golang/ 作業ディレクトリを決める $ cd ~/myapp 確認用ファイルの準備 ガイドを参考に、server.goファイルを作る h…

MongoDB:外部接続を許可

ローカルホスト以外からの接続を許可したい場合。 net:bindIpを使って定義する。 $ sudo vim /etc/mongod.conf # network interfaces net: port: 27017 bindIp: 0.0.0.0 # bindIp: 127.0.0.1 0.0.0.0 はどこからでもアクセス可能になるので注意。

Vagrant 環境にmysql-5.6をインストールする

Vagrant環境にMySQLをインストールする。 Vagrant セットアップ $ mkdir vagrant-mysql-5.6 $ cd vagrant-mysql-5.6 $ vagrant init ubuntu/trusty64 Vagrantfile編集 やることは2つ ポート開け メモリ拡張 $ vim Vagrantfile ポートを開放 guest: Vagrant …

dockerイメージのリポジトリ名とタグを設定する

Dockerの設定が完了したのでImageにタグをつけたい、またはDockerfileからビルドしたものの名前を付け忘れた、そんな時に。 $ docker images REPOSITORY TAG IMAGE ID CREATED SIZE <none> <none> a1e05daa2311 2 minutes ago 428.8 MB ubuntu 14.04 90d5884b1ee0 9 hour</none></none>…

MongoDBコマンドあれこれ

利用頻度が低くて毎度コマンドを忘れるのでメモ。 カッコが必要だったり必要なかったり間違いがち。 $ mongo > help help系 コマンド 説明 db.help() dbのメソッドを表示 db.mycoll.help() コレクションメソッドを表示 sh.help() シャーディングのヘルパーメ…

GoからMongodbに接続

MongoDBにGo言語でアクセスする。 Go向けの公式Driverは提供されておらず、mgoを使うよう案内される。 labix.org インストール go get gopkg.in/mgo.v2 Import import ( "gopkg.in/mgo.v2" "gopkg.in/mgo.v2/bson" ) 接続 Dial関数にURLを渡して接続する。他…

Ubuntuに最新版Redisをインストールする

Vagrant上に構築したUbuntu 14.04にRedisをソースからコンパイル,インストールする ダウンロード、解凍 $ sudo apt-get update $ sudo apt-get install gcc python-dev tcl $ wget http://download.redis.io/releases/redis-3.0.4.tar.gz $ tar zxvf redis-3…

RubyからMongodbに接続

今更な話だけど読み返したMongoDBイン・アクション記載の接続方法が古くなってたのでメモ。 @client = Mongo::Client.new(['10.0.2.15'],:database => "tutorial") MongoDBはたまにしか触らないからその都度綺麗に忘れる。 参考 Ruby Driver Tutorial (2.0.0)

UbuntuにMongoDBをインストール

しばらくすると忘れるのでメモ。 Install sudo apt-key adv --keyserver hkp://keyserver.ubuntu.com:80 --recv 7F0CEB10 echo "deb http://repo.mongodb.org/apt/ubuntu "$(lsb_release -sc)"/mongodb-org/3.0 multiverse" | sudo tee /etc/apt/sources.lis…

Snappy Ubuntuを試す

Snappy Ubuntu Coreがリリースされたので、Vagrant上で起動してみる。それだけの記事。 Boxを探す Ubuntu Snappyのイメージを探す。オフィシャルなものが2つほど見つかる。 ubuntu-15.04-snappy-core-stableというのが安定版のようなのでそちらを使うことに…

Docker Imageの履歴を確認する

docker inspect コマンドを使うことでImageの状態を知ることができるが、 docker historyコマンドを使うとImageに対してそれまでに加えてきた内容を知ることができる。 例としてOfficialのtomcatをダウンロードしてみる。 docker history コマンドはImageが…

VIコマンドリファレンス

vim

自己参照用のコマンドリファレンス。 必要に応じて随時更新 コマンドモード 移動コマンド コマンド 説明 h 左 j 下 k 上 l 右 0 行の先頭へ ^ 行の空白でない先頭へ $ 行の末尾へ e 単語の末尾へ E 単語の末尾へ(句読点を無視) w 次の単語へ W 次の単語へ…

MongoDB サーバーをバックグラウンドで起動する

課題 コマンドラインからmongodを起動する際、バックグラウンドで起動したい。 対応 --forkオプションを使用する。 --forkオプションは必ずログの出力先と同時に指定する必要があり、--logpathで出力先を直接指定するか、--syslogオプションでsyslogに出力す…

MongoDBのシェル実行結果をインデント表示する

課題 シェルスクリプトで操作しているが結果が見づらいのでインデント表示したい。 対応 pretty()を使う。 > db.values.find().sort({close:-1}).limit(1).pretty() { "_id" : ObjectId("4d094f69c96767d7a01a110d"), "exchange" : "NASDAQ", "stock_symbol"…

/* Responsive: yes */