Taker's インフラ関連技術調査ログ

インフラ関連についての調査メモです。

VIコマンドリファレンス

自己参照用のコマンドリファレンス。 必要に応じて随時更新

コマンドモード

移動コマンド

コマンド 説明
h
j
k
l
0 行の先頭へ
^ 行の空白でない先頭へ
$ 行の末尾へ
e 単語の末尾へ
E 単語の末尾へ(句読点を無視)
w 次の単語へ
W 次の単語へ(句読点を無視)
b 前の単語へ
B 前の単語へ(句読点を無視)
[num]+G 指定した行へ
G 最下行へ
[num] + [移動コマンド] 入力数分移動
ctrl+f 次ページへ
ctrl+b 前ページへ
ctrl+d 1/2次へ
ctrl+u 1/2前へ
z + enter カレント行が画面の一番上にくるようにスクロール
z + “.” カレント行が画面の中央にくるようにスクロール
z + “-” カレント行が画面の一番下にくるようにスクロール
H 画面の先頭へ
M 画面の中央へ
L 画面の一番下へ
- 前の行の先頭へ
+ 次の行の先頭へ
t {char} charが次に現れる位置の前まで移動
T {char} charが前に現れる位置の前まで移動
f {char} charが次に現れる位置まで移動
F {char} charが前に現れる位置まで移動
; fコマンドで検索した{char}検索を繰り返す
, fコマンドで検索した{char}検索を逆に戻る

編集コマンド

コマンド 説明
u 最後の変更の取り消し(undo)
U 行を最初の状態に復元
d + [移動コマンド] ある単位でテキストを変更
dd 1行削除
D カーソル移行を削除
x 1文字削除
p カーソルの次の位置に挿入貼り付け
r 1文字置換
R n文字置換 escで終了
y コピー
Y 行をコピー
C カーソル位置から行末まで変更(c$と同じ効果)
ZZ 編集内容を保存して終了
num + [変更コマンド] 数値分だけまとめて処理
~ 大文字小文字を切り替え
J 行を連結
. 直前のコマンドを繰り返す
>G 現在の行以下をまとめてインデント

編集モードへの移行

コマンド 説明
i カーソル位置から
I 行の先頭から
a カーソル位置の次から
A 行の末尾から
s カーソル位置の文字を削除して
S 行を削除して
o カーソル位置の上の行から
O カーソル位置に下の行から
c + [移動コマンド] ある単位でテキストを削除して
cc 1行まるごと(行が消えて編集モードになる)を削除して

その他コマンド

コマンド 説明
ZZ 編集内容を保存して終了

exコマンド

exコマンド 説明
:e! 編集した内容を前回保存時の状態に戻す
:q 終了
:q! 未保存の編集箇所があっても保存せず終了
:w 上書き保存
:w! 上書き保存
:w [file name] ファイル名を指定して保存
:w! [file name] ファイル名を指定して上書き保存
:wq [file name] ファイル保存して終了
:! [command] shellコマンドの実行
:sh シェルに移行。ctrl+dかexitでviに戻る
:set nu 行番号を表示
:set wm=[num] wrap margin(自動改行の文字数)の変更

入力モード

コマンド 説明
esc 入力モードを抜ける
/* Responsive: yes */